LEVEL5

2022年7月21日 新情報発信!
原点回帰、蘇れ!
俺たちのイナズマイレブン!

レベルファイブ日野です。
イナズマイレブン最新作について途中経過報告します!
情報出せず、ご心配をお掛けしているとは思いますが、
確実に進んでいますので少し途中段階をお見せします。

まずは正式タイトルを変更させていただきます。
タイトルが、『英雄たちのグレートロード』から『英雄たちのヴィクトリーロード』に変わります。ストーリーを書いていく中で、登場人物たちは、プレイヤーとして強い者達ではなく、強くはないけど、立ち向かっていき、勝利をめざして、悩んで、特訓して、泥臭くがんばる話になっていきました。そこで、グレートロードよりも、ヴィクトリーロード、『勝利への道』の方がしっくりくるようになり、こだわりとして変更させていただくことにしました。かなり個人的こだわりの部分が大きいですね。
そして当初計画から変更したのが、笹波雲明に過去キャラを集めさせるのではなく、今回の物語をしっかりオリジナルで構築し、その上で過去のキャラを集める展開を実現しようというものです。今回は、笹波雲明の物語『ストーリーモード』と イナズマ全歴史からキャラを集められる『クロニクルモード』のふたつのモードによって、一挙両得の内容とします。

そして、タイトルロゴは、悩める登場人物たちを『くすぶる雲』に比喩し、これから激しいイナズマに変わるかもしれないという、イナズマがまだ生まれる前の『空と雲』のイメージでデザインしてもらいました。

操作方法が確定した『試合システム』

これまで一番悩んできたこと、時間がかかった部分、それが今までのイナズマイレブンの、ペンタッチの簡単操作を、現行マシンの『ペンなし』で実現できるか、という点でした。今まで作ったデモでは十分な操作感をクリアできず、『苦手な人にはプレイしづらい』ふつうのサッカーゲーム操作になってしまいそうでした。それから…プログラマ含め、試行錯誤の結果、行きついた答えがこれ『フリーサッカーインタフェース』です。結局、プレイヤーに自分がやりたい操作を選んでもらうことにしました。プレイヤー自身がやりやすいと思えるプレイスタイルを、試合中いつでも切り替えて、遊ぶことができるのです。

とはいえ、コントローラーによる『サッカーゲームライク』操作でも、イナズマイレブン独自の簡単操作が実現しています。過去作同様の、従来のペン操作も、指でのタッチにより実現し、直感的にプレイできます。過去のプレイ感に浸りたい人向けに、専用ペンを発売する可能性もあります。(詳細未定です)

  • ラインドロー(タッチ操作)/コントローラー操作
    同時使用可能(Switch版)
  • 縦画面/横画面 自由に切り替え可能
  • 攻め方向 縦/横 自由に切り替え可能
  • ※試合中、いつでも切り替え可能です。
  • ※Switch版では、持ち歩き、テレビ画面両対応。

プレイスタイルを選ばずに操作が可能です。
対戦時、不公平にならないような調整を検討中です。

ストーリーイメージ

今回、サッカーが大好きだけど、サッカーができない主人公が指揮官として、他のプレイヤーをスカウトし、チームをつくっていくという、今までのイナズマとは一線を画すストーリーとなっています。今の段階では、物語の詳細を語れませんが、今回は、雷門中の物語でなく、九州は長崎にある、新たな学校の物語です。学校の名前にも、主人公の名前同様に『雲』がつくのですが、雲からイナズマは生まれる、ということで雲というキーワードを組み込むことにしました。くすぶる雲が、イナズマを生みだそうと、膨れ上がっていく感じが表現できるといいなと思います。

新たな主人公の 新たな物語

今回、変更点として、雲明編は、過去作のキャラと直接つながりのあるパラレルワールドではなく、完全なオリジナルの、舞台とキャラとして制作することになりました。サッカーをプレイすることが許されない主人公が、仲間たちと共に、ヴィクトリーロードを切り開いていく物語がかなりアツいものになりそうです。今回は、サッカーチームが完成するまでの過程の時間が、過去イチ長いです。ですが、試合ができるようになる前の『サッカーバトル』もこれまで以上に楽しく戦略性の高いものになり、本格的試合に至るまでの過程を盛り上げてくれると思います。

クロニクルモード

過去キャラとの共闘は、『クロニクルモード』という新モードにて、実現します。
過去に好きだったキャラを仲間にして、自分独自のチームをつくって、最悪最強の恐るべき敵チームたちを倒していくという英雄列伝モードです。仲間にできるキャラや、戦えるチームは、ゲーム上のアチーブメント達成による開放や、一部更新などでも増えていきます。詳細は続報をお待ちください。
年末にはさらに深い情報が出せると思います!
お待たせして申し訳ありませんが、もうしばらくお待ちください!
次回の更新を、お楽しみに!