英雄たちのグレートロード 開発手記

日野晃博

はじめに

皆様、まずは報告が遅くなり、大変もうしわけありません。
大変お待たせしている『イナズマイレブン 英雄たちのグレートロード』ですが、ゲーム開発上の問題で、制作は難航し、大幅な遅れとなってしまいました。ネットでの批判的な声も広がり、スタッフもモチベが落ち気味となり、なかなかに難しい状況になっていました。こういった状況の中、いったんは、開発中止しかないのかも知れないと考えました。ですが、まっすぐな気持ちで応援してくれる方もいて、個人的にもあきらめきれない気持ちも大きくなり、なんとか、開発の再開を試みることにしました。その結果、いくつかの手があるのではないかという結論になりました。妖怪シリーズの開発で作り上げたエンジンと開発システムを進化させ、イナズマイレブンを高いクオリティで完成させる可能性があるという方向です。だったら、いっそ今までできなかったことをやれないかと考えました。クロスメディアとは本来、タイミング重視のものなのですが、今回は、アニメの放送スケジュールに縛らせず、じっくりと作品をつくりあげることに専念してみたい、そういう発想が生まれました。時間はさらにいただくことになりますが、イナズマイレブンの集大成的な自由度の高い作品をめざします。ここからは、これまでの内容と新規のアイデアを盛り込んだ、新しい指針になる手記となります。待たされすぎて、お怒りのユーザー様もいらっしゃるかも知れませんが、我々の判断を見守っていただけると幸いです。

IMAGE

歴史の中には様々な英雄がいる。
勝利を勝ち取り、何かを成し遂げた英雄。
志半ばに身を滅ぼすも、その信念が人の心を動かした英雄。
英雄とは、決して勝利した者に与えられる称号ではない。
英雄とは、その存在を求めた者たちによって創りあげられる『光の彫像』である。
そしてここに、誰かを支えることによって、光を放つ『風変わりの英雄』がいた。
ここに語ろう…彼ら『英雄たち』の躍進の物語、英雄たちのグレートロードを…。

『僕はサッカーが好きだ』堂々とそう言えたらどんなに幸せだろう。
いつも、この河川敷でサッカーをしている人たちを見て、僕は思う。
――笹波雲明(ささなみうんめい)
河川敷でサッカーしている人たちの、ロストボールが『僕』の前に転がってきた。
ボールを取りに来た人に、投げ返しながら尋ねる。
「君、たしか同じ中学だよね?なんで小学生とサッカーしてるの?」
「あーうちの学校さ、サッカー部員が足りなくて」
「それでも、サッカー部つづけてんの?」
「ああ!でも、絶対に部員増やしてやるんだ。なんてたって、俺の目標はフットボールフロンティア優勝だからな!」
「えっ…」
フットボールフロンティアと言えば、サッカー日本一を決める大会だ。
この人は、試合さえできない、人数も足りていないサッカー部にいながら、その百歩くらい先に目標をおいている。
なんて人なんだ…。
「そんなのさ、無理でしょ」思わず口に出てしまう。
「無理…そうかあ?うーん、俺はそうは思わないけどな。無理なのは、この俺から、サッカーで日本一を目指すことをあきらめさせる方だな!」
そう言って、満面の笑みを返す彼の言葉は、謎の説得力に満ちていた。
なんだよ…この人…馬鹿なの…。
さわやかすぎる笑顔が、サッカーに特別な思いを持つ、僕の神経を逆なでる。
彼の名は円堂守、雷門中サッカー部キャプテンだった。

僕はこの日、サッカー部に入ることを決めた。
…マネージャーとして。

ただなんとなく、そうしたいと思っただけだった。
あの時は、なんの目標も見えない、ちっぽけな僕だったから。

CHARACTER

なんと新主人公

このような感じで始まる物語なのですが、ここで少し考察を。
まず、今回のゲームシナリオの主人公は、なんとマネージャー(男子)です。
彼は、サッカー大好きという気持ちを抱えながら、同時に、あるトラウマから、サッカーボールを蹴ることが出来ません。つまり、彼は、サッカー大好きでありながら、サッカーができない体なのです。だから、彼は、才能を持ったサッカープレイヤーたちを支える役割になろうと考えます。彼は、やがて、マネージャーから監督補佐となり、運営視点でチームを支える存在となるわけです。この辺の設定、ゲームにぴったりだと思いませんか。ゲームは、結局のところ、主人公だけを動かすのではなく、チーム全体を動かす必要があります。フォーメーションを考え、選手を起用し、自分のチームをつくることがゲームの進行となります。そういう流れの中で、この『監督代理』という立場になる主人公は、もってこいと言うわけです。
だったら、この、サッカーができない少年が、サッカーをできるようになるドラマになるのか、と思われてしまいそうですが、そこは安易にそうしない方法を考えています。この子は、サッカーはできないけれど、そこじゃない部分で大きな存在となる。それもまたドラマだなーと思ったりもしています。この子の役割は、円堂守が『劉備玄徳』だとすれば、『諸葛亮孔明』の役割。キャラクターそれぞれの役割と魅力を、しっかりと描きつつ、掘り下げる方向でいきたいと思っています。

ゲーム版新主人公 笹波雲明

STORY

ストーリーは どうなるの?

これまでウチの作品の傾向としては、僕が書き上げたストーリーをアニメで表現し、それをゲームではなぞることが定石となっていました。しかし、今回は、こういう事態(開発の難航)を逆手に取って、新しい方式にチャンレンジします。ひとつのストーリーを見せるのではなく、プレイヤーごとに分岐する、それぞれの『キャラクターごと』の物語を書いて表現していこうと思っています。

とはいえ、今回の『英雄たちのグレートロード』って、つまるところ『円堂編』なの『明日人編』なの?というところですが、どれでもないというのが結論です。ゲームの完全オリジナルストーリーとなります。スターシステム的な概念により、円堂から始まる最初のフットボールフロンティアに、最新のキャラを加え再構成します。最新のストーリーであり、パート1のリメイクの要素も持つものになります。そういう意味ではアレスに近いコンセプトではありますが、内容は違うものになります。さて、ここで言う、スターシステムですが、キャラクターの顔と声を用い、単純に『俳優』として登場させるのではなく、登場の状況が変わったとしても、その人が『背負ったもの』は変えずに、表現したいです。例えば、野坂悠馬は、アニメでは、脳に病気を持ち、家族的な意味でも、問題を抱えていますが、本作でも彼は、同様の問題を背負わせて登場させようと思います。そういう部分を含めてキャラクターですので、そこは守っていきたいですね。

3主人公が全員登場

さらに今回は、タイムスリップなどをせずに、円堂、天馬、明日人の3主人公の共闘を描こうと思います。正確には、共闘とは違うかもしれませんが、一言でいうとそんな感じです。ゲームシナリオとしては、3人を同じ時間軸上に存在させるので、仲間になるか敵になるかは、結局のところプレイヤーさん次第という仕組みにします。
そんなことをしたら、ストーリーがはちゃめちゃじゃんと言われるかもしれませんが、今回は、ゲームとして楽しくなる選択をしたいのです。

グレートロードは、アレス(国内戦)とオリオン(世界戦)の両方を加えた内容と、期待している人も多いかも知れませんが、予定を変更し、ボリューム感よりも、『掘り下げの厚み』の部分に力を入れたいと考えています。今回は、『最初のフットボールフロンティア』に登場するキャラとシチュエーションを、丁寧に描く方向でいきたいですね。あくまでも、プレイヤー次第ですが、やり方によっては、キャラクターたちの深い部分を知ることが出来るようになります。

シナリオの自由度

今回は、一本の長いメインストーリーを構築することに重きをおかず、自由度を重視して制作したいと思っています。まず、大前提として、『ゲームの本質的楽しさ』って、プレイヤーが自由に行動できることにあると思います。キャラクターや背景それぞれが、『世界』を構成する要素と考えた時に、それぞれの要素をプレイヤーがどこまで自由にできるものなのかと考えました。これまでのゲームのイベントは、全て制作サイドによって用意されたものでした。それをプレイヤーの行動によって、自由にできないものなのでしょうか。
ある喫茶店で一人悩んでいる一星君がいたとして、そこに、今回の主人公が、助言役として連れていくのは、円堂か(熱血説得)、明日人か(共感説得)、灰崎か(叱咤説得)、それによって、話す内容が変わって、それぞれのドラマを見ることが出来る感じです。灰崎を連れていくと、一星にキレて、掴みかかってしまうかも知れません。スーパーロ〇〇〇大戦で同作品のキャラを対峙させると、専用のセリフを言ったりするのが楽しくて強引にくっつけたりするプレイがありますが、本作でも、水と油のキャラをあえてツートップにして、二人がいがみ合うやり取りを楽しむとか、そういった自由度に労力を割きたいですね。これを突き詰めていくとAIになってしまうのですが、実はこの人同士の関係性におけるアプローチは『妖怪学園Y ~ワイワイ学園生活~』でも、実験していて、徐々にこの辺を進化させられるのでは、と考えています。

MESSAGE

最後に

えらそうにベラベラといろいろ書いてしまいましたが、開発の遅れに関しては、いい訳のしようもなく、本当に申し訳ありません。ここからは、期待してお待ちいただくしかありません。恐らく2021年の発売となってしまうと思いますが、しっかりとよいものをつくる所存です。今回のような事態をバネにして、『完成させて意義のあるもの』を再構成し開発していこうと思っています。今では、DSで出た最初のイナズマイレブンを遊んだことがない人も多いと思います。なので、システムも、指で軌跡を描く、パート1のシステムをもう一度表現できないかを検証しつつ、内容的には、新たな気持ちで取り組める『完全新作』のつもりで開発を進めていきます。まだまだ時間を必要としますが、イナズマイレブン最新作としてはずかしくないものをお届けするつもりですので、もうしばらくお待ちください。

これからも応援よろしくお願いします。