採用情報

スタッフインタビュー

採用情報トップへ

技術力以上に必要なのは、コミュニケーション能力:【プログラマー】森 雄二/開発統括部 プログラムクリエイティブチーム/入社年度:2009年

現在の仕事内容を教えてください

現在は妖怪ウォッチシリーズの開発に、プログラムディレクターとして携わっています。
最近は管理系の業務が多く、主に、スタッフの管理・サポート、タスクの割り出し・アサイン・仕様調整、スケジュールの作成・調整などの業務を行っております。
もちろん、プログラマーなので、自分で設計やプログラミングも行います。

主な担当タイトル:『妖怪ウォッチ』シリーズ

これまでに担当したタイトルで最も印象に残っているものと、具体的な仕事内容を教えてください

一番最初の『妖怪ウォッチ』が一番印象に残っています。
担当としては、管理系の業務に加えて、戦闘の設計と実装を行いました。
プログラマーが開発に入ってから短期間での開発となりましたが、仕様があらかじめしっかり決まっていたこともあり、チーム内でのビジョン共有がうまくできました。個々が高いパフォーマンスを発揮することができ、短期間でいい作品ができたと思います。

担当セクションの作業にとって、必要なスキルは何ですか?

もちろん技術力は必要なのですが、「他人と意思疎通がきちんとできること」が非常に重要です。プログラマーは、ほかのセクションと関わりながら仕事を進めていくことが多いため、プログラマー同士はもちろん、ほかのセクションとも話し合いながら、ゲームを制作することが要求されます。
あとは、何か1つでも技術的に得意なことがあれば、さらに良いと思います。

仕事をするうえで、大事にしていることは何ですか?

チームで「ビジョン」を共有することです。
自分たちが、どのようなものを、どのようにして作ろうとしているのか、しっかりと共有しながら制作を行っていかないと、限られた時間で面白い作品を作ることは難しいと考えています。
そのため、常にチームで情報共有を行い、何をやらなければいけないのかをはっきりさせて、仕事を進めるように心がけています。

仕事を通して、一番うれしかったエピソードを教えてください

やはり一番うれしかったのは、妖怪ウォッチを数多くの方に遊んでもらえたことです。特に子どもたちが妖怪ウォッチのゲームをしたり、妖怪ウォッチの話題で盛り上がったりしているのを見かけると、うれしい気持ちになります。
また、妖怪ウォッチは細かいこだわりがたくさん詰め込まれているので、そこにユーザーが気づいてくれて、さらに評価されたときは、本当にうれしいですね。

新しい仲間が加わる場合、どんな人と一緒に仕事がしたいですか?

人の話をきちんと聞くことができて、聞いたうえで自分の意見をしっかり言える人と仕事がしたいです。
仕事をするなら気持ちよく、楽しく仕事をしたいので、謙虚さを持ちつつ、自分の意見をしっかりと言い、共に面白い作品を作っていけるような人と仕事ができればと思います。

これからレベルファイブでどのようなことをやってみたいですか? 今後の夢を教えてください

なかなか難しいとは思いますが、妖怪ウォッチを超える作品を作りたいですね。
より多くのユーザーに、より大きな感動を与え、よりユーザーから愛される作品を作っていきたいと思います。

インタビュー一覧

  • 【デザイナー】東村 有里/入社年度:2012年
  • 【プランナー】西田 賢輔/入社年度:2011年
  • 【プランナー】岩渕 由樹/入社年度:2013年
  • 【プログラマー】森 雄二/入社年度:2009年
  • 【宣伝】伊藤 茜/入社年度:2014年

ページトップへ

プライバシーポリシー サイトポリシー  
Copyright LEVEL-5 Inc.