採用情報

スタッフインタビュー

採用情報トップへ

気持ちの良いコミュニケーションがチームの信頼関係を生む:【プランナー】岩渕 由樹/企画統括部 企画クリエイティブチーム/入社年度:2013年

現在の仕事内容を教えてください

企画を立てて資料を作り、シナリオを考え、アイテムやキャラクターの名前を決め、モンスターの強さのバランスを整え、実際にデータを入力して、プレゼンをして……と、プランナーの業務は多岐に渡ります。どれかひとつだけを担当するということはほとんどなく、全体を見ながらさまざまな作業をこなしていきます。

ゲームのおもしろさに直結する部分が多いため、大変なこともありますが、骨格部分から細部に至るまで、すべてに関われることが一番のやりがいであり、おもしろさです!

主な担当タイトル:『ワンダーフリックR』

これまでに担当したタイトルで最も印象に残っているものと、具体的な仕事内容を教えてください

初めて正式なプランナーとして所属した『ワンダーフリック』です。
特に、ゲーム内のシステムの1つである「図鑑」は、仕様の考案から実装まで、全行程を任せてもらえたことで、すごく印象に残っています。1つの企画に最初から最後まで関わるのはそれが初めてで、デザイナーやプログラマーの力が加わって、想像がどんどんカタチになっていくのは本当にワクワクしました!

担当セクションの作業にとって、必要なスキルは何ですか?

プランナーには、テキストを書くのが上手な人や、おもしろいアイデアをたくさん持っている人、ゲームバランスを調整するのが得意な人など、さまざまなタイプの人がいます。ですが、どの人にも共通していることは、「興味のアンテナが広いこと」、「いつでも気持ちの良いコミュニケーションがとれること」の2つです。
これがプランナーにとって、一番重要なスキルなのかなと思っています。

仕事をするうえで、大事にしていることは何ですか?

作ろうとしているゲームを立体的な映像でイメージして、自分はもちろん、色々なケースの人が遊ぶ姿をシミュレーションすることです。
どのような動きになるかを明確にして、そのゲームのターゲット層や、ウリからはずれていないかなど、常に想像して確認するようにしています。

仕事を通して、一番うれしかったエピソードを教えてください

苦労して完成させた資料を、読んだ方からほめられたことです。
資料を評価してもらえたこともうれしかったのですが、何度もダメ出しを受け、くりかえし修正をするうちに、気をつけるべきポイントがわかってくるなど、自分の成長を感じられたことです!

新しい仲間が加わる場合、どんな人と一緒に仕事がしたいですか?

相手が大変なときにこちらからフォローしたり、逆に自分が大変なときにフォローをしてくれたり、そういったことをお互いに自然とできる人とは信頼関係が生まれますね。
一緒に仕事をしていて本当に気持ちがいいですし、励まし合ってがんばりたいと思います!

これからレベルファイブでどのようなことをやってみたいですか? 今後の夢を教えてください

今までの弊社の傾向とは違ったゲームのジャンルや、普段ゲームをしない方がもっと気軽に遊べるスマホ作品に挑戦してみたいです。また、制作側からゲームの情報を発信できるような企画をやってみたいと思っています。
媒体や、ゲームをする人しない人を問わず、斬新でたのしいことをどんどん提案し続けていきたいです!

インタビュー一覧

  • 【デザイナー】東村 有里/入社年度:2012年
  • 【プランナー】西田 賢輔/入社年度:2011年
  • 【プランナー】岩渕 由樹/入社年度:2013年
  • 【プログラマー】森 雄二/入社年度:2009年
  • 【宣伝】伊藤 茜/入社年度:2014年

ページトップへ

プライバシーポリシー サイトポリシー  
Copyright LEVEL-5 Inc.