採用情報

スタッフインタビュー

採用情報トップへ

ユーザーの皆様にワクワクしてもらえるようなプロモーションを:【宣伝】伊藤 茜/宣伝広報統括部 宣伝部/入社年度:2014年

現在の仕事内容を教えてください

「妖怪ウォッチ」シリーズのゲームの宣伝を担当しています。
現在の主な業務は、『妖怪ウォッチバスターズ2 秘宝伝説バンバラヤー ソード/マグナム』のプロモーションで、クロスメディアタイトルのため関係各社と協力しながら業務を進めています。

主な担当タイトル:『妖怪ウォッチバスターズ2 秘宝伝説バンバラヤー ソード/マグナム』

これまでに担当したタイトルで最も印象に残っているものと、具体的な仕事内容を教えてください

現在担当している『妖怪ウォッチバスターズ2 秘宝伝説バンバラヤー ソード/マグナム』です。以前はクロスメディアに関する業務が中心で、コンシューマータイトルのメイン宣伝担当をするのは初めてだったため、新しいことへの挑戦ばかりで刺激的な毎日を送っています。宣伝部の業務は、自分がまとめた情報をもとに雑誌に記事が載ったり、自分が考えたコンテが実際にPVやTVCMになったりするので、とてもやりがいがあります!
他にも、イベントの内容を企画したり、時には雑誌社にゲームの魅力を伝えるためのプレゼンテーションを行ったりと、業務内容は多岐にわたります。

担当セクションの作業にとって、必要なスキルは何ですか?

コミュニケーション能力は、とても重要です。対面でのコミュニケーションはもちろんのこと、電話やメールを中心とした、対面ではない状況でのコミュニケーションをうまくとることも、仕事を進めるうえで必要になってきます。
特に、表情が見えない電話では語調を気にして話したり、細かいニュアンスが伝わりにくいメールでは、ちょっとしたことでも「ありがとうございます」と感謝を述べたりすることを個人的には大切にしています。

仕事をするうえで、大事にしていることは何ですか?

ゲームの発売を待ってくれているユーザーの皆様や、遊んでくれているユーザーの皆様に、ワクワクしてもらえるようなプロモーションを行うことです。前例をあまり意識しすぎず、どうしたらゲームの面白さが伝わるのかを日々考えています。
また、たくさんの人が関わっている大きなプロジェクトを担当しているので、社内や関係各社のメンバーとうまくコミュニケーションをとって、円滑に物事を進められるように心がけています。

仕事を通して、一番うれしかったエピソードを教えてください

苦労して準備したイベントに多くの子供たちが来てくれて、楽しんでくれている姿を見たときは、頑張って本当によかったと思い、感動のあまりこっそり泣いてしまいました。
直接反応が見れるのは一番嬉しいですし、子供たちの笑顔を見ると、もっともっと頑張らないと!という気持ちになります。

新しい仲間が加わる場合、どんな人と一緒に仕事がしたいですか?

レベルファイブのコンテンツが好きな人、またはこれから好きになってくれる人と一緒に仕事がしたいです。
どの職種でも、自社のコンテンツが好きであれば仕事が楽しくなると思いますし、より良いものを作ろうという気持ちになるはずです!

これからレベルファイブでどのようなことをやってみたいですか? 今後の夢を教えてください

日本国内はもちろん、世界中の人にレベルファイブ作品を愛していただけるよう、魅力を発信していきたいです。自分が考えたプロモーションがきっかけで、作品やレベルファイブという会社に興味を持ってくださる人が増えたら嬉しいなと思います。

インタビュー一覧

  • 【デザイナー】東村 有里/入社年度:2012年
  • 【プランナー】西田 賢輔/入社年度:2011年
  • 【プランナー】岩渕 由樹/入社年度:2013年
  • 【プログラマー】森 雄二/入社年度:2009年
  • 【宣伝】伊藤 茜/入社年度:2014年

ページトップへ

プライバシーポリシー サイトポリシー  
Copyright LEVEL-5 Inc.