採用情報

スタッフインタビュー

採用情報トップへ

ポジティブこそ最高のパフォーマンスを発揮させる:【デザイナー】東村 有里/企画統括部 アートクリエイティブチーム/入社年度:2012年

現在の仕事内容を教えてください

ゲームのビジュアルを考える仕事です。
所属するプロジェクトによって異なりますが、現在は主に背景原画を担当しています。また、ゲームのパッケージや宣伝用のイラストなどを描くこともあります。

主な担当タイトル:『妖怪ウォッチ』シリーズ

これまでに担当したタイトルで最も印象に残っているものと、具体的な仕事内容を教えてください

『妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団/白犬隊』です。主に背景原画を作成していましたが、このタイトルでは背景原画セクションの進捗管理や、エンディングで流れるイラストのディレクションも担当しました。
今回のエンディングイラストはアメコミ調ということで、アメコミのコントラストの強いテイストと妖怪のキャラクターの魅力が、どちらも活きるように気を付けています。

担当セクションの作業にとって、必要なスキルは何ですか?

基本的なデッサン力とコミュニケーション力、柔軟性です。
プロジェクトの意図に沿ったものを描くことが必要なので、上司や担当者と何度もやり取りを重ねることになります。また、さまざまなジャンルの絵を描くことを求められるため、テイストを正しく理解して、柔軟に対応する力も必要です。

仕事をするうえで、大事にしていることは何ですか?

しんどい時こそポジティブに考えるようにしています。
例えば、苦手な仕事を担当することになったときは、克服するきっかけをもらったと考えたり、リテイクが来たときには、もっといいものを描くチャンスをもらったと考えるようにしています。こうして、仕事に対して意欲的な姿勢をとることによって、普段以上のパフォーマンスを発揮できることもあります。

仕事を通して、一番うれしかったエピソードを教えてください

自分の描いたイラストがWebサイトやメディアに掲載されたり、ゲームのパッケージやポスターになって店頭に並んだときは、毎回感動します。その絵が、多くの人が作品に触れる一つのきっかけになっているということに、誇りを感じます。

新しい仲間が加わる場合、どんな人と一緒に仕事がしたいですか?

前向きな人ですね。仕事が忙しくなってくるとネガティブになりがちですが、そんな中でも前向きに楽しく仕事をしている人が近くにいると、みんなのモチベーションが上がります。

これからレベルファイブでどのようなことをやってみたいですか? 今後の夢を教えてください

昔から、自分の描いた世界を実際に歩いてみたいという夢がありました。今ではVRのように、自分自身が仮想世界を体感できるような技術が身近になりつつあります。新しいモノが好きな弊社にいれば、夢が実現される日も近いのではとワクワクしています。

インタビュー一覧

  • 【デザイナー】東村 有里/入社年度:2012年
  • 【プランナー】西田 賢輔/入社年度:2011年
  • 【プランナー】岩渕 由樹/入社年度:2013年
  • 【プログラマー】森 雄二/入社年度:2009年
  • 【宣伝】伊藤 茜/入社年度:2014年

ページトップへ

プライバシーポリシー サイトポリシー  
Copyright LEVEL-5 Inc.